K-Ruby#31 LT&もくもく会

先週(2022-07-21)、定例の隔月第3木曜日に、第31回目のK-Rubyミーティング(K-Ruby #31) がオンライン形式(Google Meet)にて開催されました!

今回LTは、いつものあんちぽさんとよしこさんに加え、Rails界隈でご活躍されておられる大倉さんが登壇されました。

皆さんのご発表内容は、ほぼ近況のご報告だったのですが、コンスタントに精力的ご活動されていて、聴いていて頭が下がるばかりです。

LTがすべて終わったのが19時半ぐらいで、そのあとはもくもく会ではなく、雑談タイムだったわけですが、参加者が8名程度だと、いい感じで話も盛り上がってよい時間を過ごせました。

この1時間の間にサラッとやる感じが良いですね。

さて、次回は9月15日開催で、すでにconnpassに上がっています。
https://k-ruby.connpass.com/event/255309/

K-Rubyでは、色んな方々のご参加をお待ちしております。

簡単ですが、以下開催概要を記録しておきます。

日程等

  1. 日時: 2022-07-21 19:00~20:00
  2. 場所: オンライン(Google Meet)開催
  3. 参加: MAX 8名
  4. テーマ: LT&もくもく会
  5. 発起人: 吉本(yoshikouki.eth @yoshikouki_)さん
  6. 案内(Connpass): https://k-ruby.connpass.com/event/248672/

内容

※敬称略、発表順

  • LT1 あんちぽ(@kentaro), 「話題提供」
    • zenn.dev/kentarok
    • Livebook、Elixirのnotebook、デスクトップアプリになりました
    • Copilot、Elixirでやってみたよ
    • プログラミング言語Zigを試してみたよ
  • LT2: 大倉雅史(@okuramasafumi), 「自己紹介と近況」
    • Ruby Conferenceでしゃべっています
    • AlbaのGem作ってます   - 4つぐらいコミュニティのオーガナイザーやってます
    • Kaigi on Rails 2022 のプロポーザルを募集します
    • 最近bundler-ctags_generatorのGem作りました
    • bundle install したときに ctagsを実行する
  • LT3: yoshikouki.eth(@yoshikouki_), 「最近やったコミュニティ活動」
    • Rails Girls Kagoshima 1stやりました。12名参加
    • エンジニアBAR
    • #勝手に鹿児島大使 夏の陣
    • Web3のイベントをパブリックビューイング
  • 雑談

2022

K-Ruby#32 LT&雑談会

  • ~1 min read

昨日(2022-09-15)、定例の隔月第3木曜日に、第32回目のK-Rubyミーティング(K-Ruby #32)がオンライン形式(Google Meet)にて開催されました!

Read More

K-Ruby#31 LT&もくもく会

  • ~1 min read

先週(2022-07-21)、定例の隔月第3木曜日に、第31回目のK-Rubyミーティング(K-Ruby #31) がオンライン形式(Google Meet)にて開催されました!

Read More

K-Ruby#30 記念大会

  • ~1 min read

先週(2022-05-19)、定例の隔月第3木曜日に、記念すべき第30回目のK-Rubyミーティング(K-Ruby #30) がハイブリッド形式にて開催されました!

Read More

Back to Top ↑

2021

Back to Top ↑

2020

Back to Top ↑

2019

K-Ruby

  • ~1 min read

2019年10月31日(木)、開催いたします。

Read More

鹿児島Ruby会議キックオフミーティング

  • ~1 min read

本日は、鹿児島Ruby会議のキックオフミーティングということで、 GMOペパボ鹿児島オフィスにて、K-Rubyのメンバーである @kurotaky さんと、@flatlabs さんと打合せをしました。 開催日は、2019年11月30日、場所は mark MEIZAN を予定しています。

Read More

Back to Top ↑

2018

First post

  • ~1 min read

K-Rubyのウェブサイトは、これまでAWSのEC2でWebサーバを立ち上げて公開していましたが、 この度、GitHub Pagesのサービスを利用してみました。 そんでもって、ついでにJekyllを導入してみました。

Read More

Back to Top ↑